令和元年海事代理士試験筆記試験実施状況が発表されました

10.30

令和元年海事代理士試験筆記試験実施状況が発表されました。

 出願者数は389名(平成30年は422名)、受験者数は288名(同303名)、合格者数は156名(同157名)で受験者に対する合格率は54.2%(同55.0%)でした。また、受験者の平均正答率は62.75%(同64.18%)でした。

 国土交通省によると、筆記試験の合格基準については、20科目の総得点240点の60%以上の得点を上げた者としていますが、全科目受験者の平均正答率が60%を上回る場合には、平均正答率以上の得点を得た者を合格としており、よって今般の筆記試験合格者については、20科目の総得点240点の62.75%以上の得点を得た者を合格としたとのことです。

 口述試験については、国土交通省(本省;東京)にて令和元年11月25日(月)10:00~17:00実施予定となっています。
(受験者多数の場合、一部受験者については、11月25日(月)の17時以降又は11月26日(火)に実施する場合もあります)

 なお、試験に関する最新情報については必ず国土交通省ホームページの発表を確認してください。

 
 <参考>受験地別の合格者数 ( )内は平成30年

 札幌市:8名 (5名)
 仙台市:8名 (6名)
 横浜市:66名  (74名)
 新潟市:4名 (1名)
 名古屋市:8名(14名)
 大阪市:18名  (6名)
 神戸市:5名 (9名)
 広島市:10名  (14名)
 高松市:7名 (11名)
 福岡市:17名  (13名)
 那覇市:5名 (4名)

 計 156名 (計157名)

関連記事

カレンダー

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る